ビールのつまみ編:メンマのネギ和え

メンマのネギ和え

ビールのつまみとしては有名なメンマのネギ和えは家庭でも簡単に作る事が可能です。

家庭で作る際はそのまま冷蔵庫に保存する事が出来るので、多少多めに作っても問題ありません。

毎日ビールを飲む家庭であれば、ストックが多いほど喜ばれます。

またつまみとしても優秀で見た目にも手が込んでいる様に見えますので、大勢での飲み会の時に家庭で作ったメンマのネギ和えをお出しすると料理上手に見られる事間違いありません。

作り方もとっても簡単でフライパンにごま油をたっぷりひいて、メンマを炒めて下さい。

メンマに火が通れば調味料で味付けをします。

味付け方法は家庭にもよりますが、一般的には醤油とラー油で味付けを行います。

最後にネギを混ぜるとメンマのネギ和えの完成です。

同じ味付けばかりだと飽きてしまうので、調味料の工夫を行うと色々なメンマのネギ和えを作る事が出来ます。

ラー油

辛い物が食べたい時にはラー油を多めに入れる等の調整を行って下さい。

メンマのネギ和えの材料はスーパーで簡単に手に入れる事が出来ますので、特別な材料も必要としません。

醤油やラー油は家庭に置いてある所も多いので、メンマとネギさえ購入すれば、家庭でも直ぐに作れます。

ネギを切る時に包丁は使いますが、それ以外には使用しませんので、料理に自信がない方にも挑戦できるビールのつまみです。

ビールのつまみは沢山あるので、自分で作るのは難しいと考えている方も多いと思います。

しかし、メンマのネギ和えは料理の初心者にも簡単に作る事が出来るので、失敗をする事もありません。

難しい料理手順もないので、安心です。

食感を変える為にネギの種類を変更してみると、いつものビールのつまみとは違う味を出す事が出来ます。

毎日ネギの種類を変更するだけで、同じ料理なのに違う味わいを出す事が出来ます。

ビール

またビールのつまみとして食べてもお腹が一杯になる事も少ないので、沢山食べる事が出来ます。

飲んでいる時に満腹になってしまうとそれ以上飲めなくなりますが、なかなか満腹にはならない食べ物なので、その心配はありません。

味も辛口で作ると辛い効果で食欲が促進されますので、沢山飲んで食べる事が出来る様になります。

一人で食べる時だけではなく、大人数の時にも盛り上がる様になれるので、いつでも作れる様に材料は切らさないようにしておくと良いでしょう。

ネギもメンマも日持ちしますので、飲む機会が多い場合には作り置きをするだけではなく材料の確保をして置く事も大切です。

特に飲む機会の多い、年末年始のシーズンにはスーパーなどのお店も閉まっている事が多く、材料が切れてしまうと作る事が出来なくなってしまいます。

アルコールだけを飲み続けるのは悪酔いや二日酔いする事にも繋がりますので、お酒を一緒に食べる事ができる料理を必ず出す必要があります。

特にお酒好きが集まった時に料理がなくては、話も弾みませんし、盛り上がる事も出来なくなってしまいますので、注意が必要です。