70歳の誕生日に時計をプレゼントする理由

古希のプレゼント

古希祝いのプレゼントに時計を贈るのも良いことです。ほとんどのケースで喜んでもらう事ができるでしょう。

時計は昔から人の暮らしと大きく関わってきたという歴史があるので、これを贈られると自分の過去と照らし合わせて認められたという感覚になるからです。

誰しも時間というものと一緒に歳をとってきたわけですから、これに対して特別な想いというものがあります。

時計を贈られたことで、年齢がかさみましたというように悪く取る人はまずいないでしょう。

というのは、時はその人に取ってはかけがえのないものだったはずなので、その時間を思い出すことが出来る品をもらって悪く考える人は少ないのです。

これを言葉で言うとなかなか難しいことになります。これまでいろいろな時間を重ねてきましたねと言っても、その言葉の中にある気遣いなどに気づいてくれるかどうかは微妙でしょう。

時計

ですが、時計を贈られると自分のそれまでが全て肯定されたような気分になります。

というのは、人は自分の過去については、どんなことであれ美しい記憶として留めているという事があります。

嫌な事であってもそれは過去の事であって、記憶から出してくる作業はそれほど辛いものではないのです。

あんなこともあったなあというようにノスタルジックな感じになる事がほとんどです。

ですから、そうした気分にさせてくれる贈り物はほとんどの人が喜んでくれるというわけです。

古希を迎えるような人にとって、これまでの時間は自分にとっては無くてはならないものだったという感覚はほとんどの人がもっているでしょう。

それが航海であれ、満足感や充実感のようなモノであれ、どんな形でも美しい記憶として自分の脳の中にしまわれている状態になっています。

そしてこの引き出しはあまり開かれることはありません。特に特別な事でもない限り、滅多な事ではこの記憶の扉は開かないようになっています。

何故なら、その扉を開くには関連するキーワードのようなものが必要になるからです。そのキーワードは日常的には落ちてはいません。

ですが、こうした時間を感じさせる贈り物がくると急に開くようになるわけです。

記憶

記憶はさまざまなキーワードと結びついて保存されているので、こうしたキーワードが時間という概念と一緒になって保存されていて、時間を自分でさかのぼることが出来るようになるので、自分で思い出したいことだけ思い出していく事が出来るようになります。

そのため、ノスタルジックな感じになる事は気分の良い事なのです。記憶の扉を自分で開く分には何も問題になる事はなく、気持ちよく開いていく事が出来ます。

そうした気分にさせてくれるプレゼントは喜ばないハズはありません。誰であれ時間との束縛は逃れられないものですから、時間と一緒に自分の記憶は保存されています。

その記憶を呼び出してくれるプレゼントはありがたいというように感じてもらうことが出来る一番のモノという事が言えるかもしれません。

 

お勧めの記事⇒古希祝いのプレゼントに時計を贈ろう