カテゴリー: ビール

酵母の代表選手!ビール酵母について

ビール

世の中には様々な酵母があり、それを摂取することで人間の体の健康に役立つ作用があるとされていますが、その中でもビール酵母にはどんな効果が期待できるのかご存知でしょうか。

そこで、摂取することでどんな効果が期待できるのか考えてみましょう。

そもそもどんなものなのかということを始めに考えてみますと、ビールを製造する際に麦を発酵させる菌のことであり、パンで言うところのイースト菌などと同じ仲間とされています。

一昔前まではビールを製造した後は二次利用できないものとして廃棄処分されていました。

しかし長年の研究により実はこのビール酵母には人間の体に必要不可欠なアミノ酸やビタミンを始めとする様々な栄養素を含んでおり、それが人間の体に良い効果をもたらすとして見直されてきたのです。

また、ビール酵母のもともとの働きとして、人間の中に存在する善玉菌を活性化させる作用があるとされています。

摂取することで人間の健康や美容に良い影響を与えてくれるのですが、実際にどのような影響を与えてくれるのかどうかというのが気になる人も多いのではないでしょうか。

女性

人間の体内には、体に良い作用を与えてくれる善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌、そのどちらでもない日和見菌というのが存在し、それぞれ拮抗を測りながら活動しています。

善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れるとお腹を壊したり便秘になったりするのですが、特に善玉菌は環境悪化に弱く、ちょっとしたことで元気がなくなり減少してしまう傾向があります。

それによって悪玉菌が活発化するとお腹の調子が悪くなったり唱歌がうまくいかなくなったりするのですが、ビール酵母を摂取すると善玉菌をサポートしてくれるので結果的に消化が良くなり腸内環境を健康に保つことが出来るとされています。

加えて、ビール酵母には豊富なビタミンB群が含まれています。

摂取することで肌にハリを持たせたり皮膚や粘膜の修復にもビタミンB。

さらにそれ以外にもカリウムや亜鉛、マグネシウムやカルシウムなど人間の体内では合成することが出来ない栄養素が含まれています。

栄養補助

ですので、普段から栄養不足なっている人によっては栄養補助食品としても効果を発揮するのです。

その他の効果としては、老廃物を体外に排出するデトックス効果や糖や油を体内に吸収しにくくする作用。

消化吸収が早くなるためにその分エネルギーを変換する働きも早くなることで、脂肪燃焼効果を高めてくれる作用。

このように様々な効果があり、栄養不足になることなく健康的にダイエットしたいと考えている人にも効果的とされています。

そして、食物繊維の一つでもあるβグルカンが含まれていることで免疫力の向上につながり、生活習慣病の予防にもなると言われています。

このように、腸内環境を健康に保つだけでなく美容やダイエットにも良いとされていますので、日頃の生活習慣に問題がある人やいつまでも若々しく元気に生活したいと考えている人は積極的に摂取していくのが望ましいと言えるでしょう。

ビールのつまみ編:メンマのネギ和え

メンマのネギ和え

ビールのつまみとしては有名なメンマのネギ和えは家庭でも簡単に作る事が可能です。

家庭で作る際はそのまま冷蔵庫に保存する事が出来るので、多少多めに作っても問題ありません。

毎日ビールを飲む家庭であれば、ストックが多いほど喜ばれます。

またつまみとしても優秀で見た目にも手が込んでいる様に見えますので、大勢での飲み会の時に家庭で作ったメンマのネギ和えをお出しすると料理上手に見られる事間違いありません。

作り方もとっても簡単でフライパンにごま油をたっぷりひいて、メンマを炒めて下さい。

メンマに火が通れば調味料で味付けをします。

味付け方法は家庭にもよりますが、一般的には醤油とラー油で味付けを行います。

最後にネギを混ぜるとメンマのネギ和えの完成です。

同じ味付けばかりだと飽きてしまうので、調味料の工夫を行うと色々なメンマのネギ和えを作る事が出来ます。

ラー油

辛い物が食べたい時にはラー油を多めに入れる等の調整を行って下さい。

メンマのネギ和えの材料はスーパーで簡単に手に入れる事が出来ますので、特別な材料も必要としません。

醤油やラー油は家庭に置いてある所も多いので、メンマとネギさえ購入すれば、家庭でも直ぐに作れます。

ネギを切る時に包丁は使いますが、それ以外には使用しませんので、料理に自信がない方にも挑戦できるビールのつまみです。

ビールのつまみは沢山あるので、自分で作るのは難しいと考えている方も多いと思います。

しかし、メンマのネギ和えは料理の初心者にも簡単に作る事が出来るので、失敗をする事もありません。

難しい料理手順もないので、安心です。

食感を変える為にネギの種類を変更してみると、いつものビールのつまみとは違う味を出す事が出来ます。

毎日ネギの種類を変更するだけで、同じ料理なのに違う味わいを出す事が出来ます。

ビール

またビールのつまみとして食べてもお腹が一杯になる事も少ないので、沢山食べる事が出来ます。

飲んでいる時に満腹になってしまうとそれ以上飲めなくなりますが、なかなか満腹にはならない食べ物なので、その心配はありません。

味も辛口で作ると辛い効果で食欲が促進されますので、沢山飲んで食べる事が出来る様になります。

一人で食べる時だけではなく、大人数の時にも盛り上がる様になれるので、いつでも作れる様に材料は切らさないようにしておくと良いでしょう。

ネギもメンマも日持ちしますので、飲む機会が多い場合には作り置きをするだけではなく材料の確保をして置く事も大切です。

特に飲む機会の多い、年末年始のシーズンにはスーパーなどのお店も閉まっている事が多く、材料が切れてしまうと作る事が出来なくなってしまいます。

アルコールだけを飲み続けるのは悪酔いや二日酔いする事にも繋がりますので、お酒を一緒に食べる事ができる料理を必ず出す必要があります。

特にお酒好きが集まった時に料理がなくては、話も弾みませんし、盛り上がる事も出来なくなってしまいますので、注意が必要です。

銀河高原ビール・発泡酒

岩手県の山

岩手県沢内村は豪雪地帯で天然水にも恵まれており、気候もドイツと似ていることから、条件的とても適しているため、岩手県沢内村の村お輿し事業のために1996年に銀河高原ビール造り事業が始められました。

銀河高原ビールの特徴は、ヨーロッパの伝統的な文化に基づいて造られていることで、ドイツ純粋令に基づき、麦芽、ホップ、水のみを原料として造られています。

小麦麦芽50%以上を使用した、ヴァイツェン酵母を使用し、甘味とコクがあり、苦みが苦手な方や女性の方にも飲みやすくなっています。

もうひとつの特徴は、一般的な造り方と違い酵母をろ過しない、無ろ過製造です。

ろ過しないため濁っており沈殿物もありますが、にごりがフルーティーな香りとコクを生み出すポイントになっていて、酵母には20種類のアミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラル食物繊維などが含まれており、酵母をろ過しない方法は栄養価を残すやり方としてもすぐれています。

ビール

銀河高原ビールは商品のラインナップも充実しています。

活きた酵母入りのヴァイツェンはまろやかな喉ごしが人気で、醸造所から冷蔵車で配送されます。

小麦ビールは天然水と小麦麦芽を使い酵母をろ過せず造られており、バナナを思わせるフルーティーな香りが、自然思考の方や苦みの苦手な方や女性にとても人気があります。

白ビールは副材料にコリアンダーやシナモンなどが使われることが多く、日本では麦芽50%を使用していても、発泡酒として表記される場合があり、小麦ビールも発泡酒として分類されています。

フルーティーな香りとカラメルモルトのコクと甘味が特徴のベルエールも女性にも人気です。

白ビールは数量限定発売ですが、オレンジの皮やコリアンダー、シナモンなどの副材料を一切使っていない麦芽100%で造られており、副材料を一切使っていないのに特有の柑橘系の風味も感じられるリッチな味わいです。

強い苦みが特徴の黒ビールは数量も期間も限定のため、なかなか手に入らない貴重な銀河高原ビールで、購入出来るお店も限られます。

パソコンで検索する女性

銀河高原ビールの購入方法は、ホームページからも通信販売を行っている他、大手ネット販売サイトでも扱っていて、ホームページを利用すれば、購入出来るお店を検索出来たり、食事をしながら銀河高原ビールを楽しめるお店も見つけることが可能です。

ホームページには料理レシピも紹介されており、お酒とぴったり相性の良い料理を作れます。

ちよっと変わった楽しみ方として、ホットで飲む方法も人気です。

ドイツでは風邪をひいた時などにホットで飲む方法があり、小麦ビールをホットにして、少しお砂糖を加えシナモンを少し入れると、カクテルのようになりとっても美味しくいただけます。

フルーティな香りがより引き立ち、アルコールなので身体も暖まり、冬の寒い季節や風邪の引き始めにおすすめです。

きりっとした喉ごしのタイプにフルーティーなタイプ飲み比べて見るのもいいですね。